« 【じゃむぽろり2】新作アニメ情報!! | メイン | 【じゃむぽろり2】早口道場第二弾 »

勝手にユーザー事例:日の丸シェーダーで作る早口道場

久しぶりの【勝手にユーザー事例】です。
まぁ、ちゃんとどこかで取り扱ってもらえるなら、勝手にユーザー事例なんて企画やりませんよ...残念ながら。
と書きましたが、今回は結構まじめに作った作品なんです。
それがこちら、早口道場。

Mayaの日の丸を使ってハードウェアレンダリングしたものです。
日の丸は、色合いを簡単に制作でき、なんとなく可愛くしてくれちゃうのが素敵です。
加えて、ハードウェアレンダリングなので、シーンが長くなっても爆速でレンダリング出来るため、会話のタイミングなど修正が必要な箇所があったとしても対処しやすいのが良いですね。
あとは、目パチは自動、口パクはexpressionでフレーム指定するように作ってあるので、ある程度は楽が出来ます。

さて、この新コーナー...みなさんに受け入れてもらえるでしょうかね...
子供達と一緒に楽しんで見ていただきたいものです。
あっ、楽に作れるといっても、他の作品よりは、やっぱり作るの大変なんですよ。
正直、あまり毎回は作りたくないなぁ...なんて思う感じです。
ふふシアターの合間に、ちょっと早口道場、みたいなペースがベストですね。
そんな弱音も吐いてしまいましたが、今年の一押し作品ですので、今後もチェックしていただけると嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
©Toshiyuki Matsui