« failed looking up LS serviceと出た時のエラー処理例 | メイン | mdworker: Unable to talk to lsboxdと表示された時の対応 »

lost connection 〜 com.apple.iCal系エラーへの対処

立て続けにエラー処理を書こうと思ったのは...
下記ページでも登場するLincさんが物凄い割合でエラーを対処してくれるからです。
あっちこっちそっちで解決してくれています。
https://discussions.apple.com/thread/5133425

細かなエラー箇所は違えど、おおよその場所を特定してくれるので本当に助かります。
私の出会うエラーは希なのか日本語で解決されていることは、ほぼ無いのですよね...
そして私自身の書き残す対処法もボンヤリしているのが特徴です。

さて。
今回のエラーは同期情報をリセットすることで解決しました。
どの程度の同期情報がリセットされるのか分かりませんので、実行は慎重に行うべきかと思います。
OS X: Resetting Sync Services

上記サイトにもあるように、ターミナルを開き

/System/Library/Frameworks/SyncServices.framework/Versions/A/Resources/resetsync.pl full
と実行することで古い同期情報を取り除くことができ、エラーが解消されました。

このエラーが、それほど気にするものではないので...自分自身が解決の入り口を忘れてしまった時のためにも書き残します。
あ、ちなみに今回のケースは【古いmac用microsoft office】の情報が残っていたために起きたようです。
...きっと、その他にも多くの不要ファイルが存在していると思いますよ...ですが、安易に削除してしまうと大変なことになることも経験から学びました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
©Toshiyuki Matsui