« 何かをすると90%は失敗する私のWindows8.1アップデート | メイン | Wii Fitですら壊れる体を持つ男 »

マルチスクリーン対応化を考える

Google Japan for Businessさんが最近話題にしていることで【マルチスクリーン】という言葉を知りました。
iモード端末対応やら、EZWEB対応やら...もう既に正式名称も忘れてしまいましたが、携帯への対応はJAMKitchenも【mobi】を取得するほど結構真剣に取り組んできました。
☆http://jam-kitchen.mobi
(PCサイトからは閲覧出来ません)
当初は、まず各携帯会社3タイプへのサイト振り分けから始まり、それぞれのコードで作成...と、面倒極まりない作成ですね...
ですが、もうmobiとか言う話では無く通常サイトそのものからコードを書き換えなければならない時代なのでしょう。
もちろん、未だゲームソフトのカワイイサイトなどはflashを使っていたりと、flash好きの私としては少しホッとします。
mygamecityなんかはflashゲームを取り入れてますしね。

話は逸れましたが、この【マルチスクリーン】...なんだか便利になったんだか大変になったんだかですよね。
テレビは横長、スマホは縦長...これどうしましょう?
どちらをメインにしても、結局片方は格好悪くなりますよね...私の想像では。
最新の情報は知らないので何とも言えませんが、結局のところ別にするべきなのでしょうか。

とりあえず昔ながらのものは先ほどのmobiアドレス。
そして今回新たに取り組みだしたのが、まだ一部ですがこちら。
http://mvk.me/hobbyb/
(他のページは、まだ対応途中です)
これはもう完全にスマホ専用です。縦にした時、横にしたときで表示内容が変わりますが...
テレビほどのもので見るとどうなるか、まではやっていません。

ということで【テレビ】に今後焦点を合わせて作ると【どうなるか?】をやってみようかなと思いました。
ただ、正直ブラウジング出来るテレビを持っていません。
テレビって...今どうなってるのでしょうか?
ゲーム機ということでいいのでしょうか?
WiiU辺りですかね?
だとすると昔、PS3でブラウジングしてきたら、テレビにフルスクリーンで表示するようなもの作ったことがあります。
もうそれはPS3のみに反応する感じですね。
そのサイトはPCからのアクセスでも横長なのでフルスクリーンにしても違和感はありませんでした。
【テレビでのブラウジング】これがどこまで定着するかで、また大きく変わりそうですね。

まぁ、それ以前にもっとマルチスクリーンというものの定義をハッキリ理解し、自分にとって必要かを考えることからも始めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
©Toshiyuki Matsui