« 2011年2月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月27日

【グダグダ団】無料フラッシュゲーム

gdadvgame.jpg【無料】などと書きましたが、今後【有料】になることはありませんし、万が一有料になったとしたら、それこそ非難が集中すると思われます【グダグダ団アドベンチャーゲーム】が誕生しました。

【グダグダ団アドベンチャーゲーム】

もう公開はしていたのですが、何もお知らせしていなかったこともあり、少し制作秘話を入れつつ紹介します。

まず、このゲームは、グダグダ団初のメディアミックス作品として【GUDAGUDADAN vol.15】と話が繋がっていますので、お話をご覧になったことのない方は、こちらからどうぞ。

【GUDAGUDADAN vol.15】

さて、ゲーム内容はといいますと【プレーヤーが団長となって、消えた1号を探しに行く】というコマンド選択型のアドベンチャーゲームなのですが、ゲームの性質としては2部構成になっていまして、終盤になると【1号説得ゲーム】というモードになり、アイテムなども駆使して戦う、気持ちハラハラドキドキなタイプに変化します。
ゲームをした後に、またお話を見ると、より一層vol.15のお話に深みが増すかもわかりませんし......ゲームの部分はいらなかったんじゃないの?なんて気持ちになるかもわかりません。
果たして、最後までプレイしてくれる方は現れるのでしょうか。
まぁ、クリアする方が1人現れれば良い方かも分かりませんが......
逆に言えば、クリアした人が1人だけだったと考えると、これは、あなたのために作ったゲームということになるではないですか。
そんな、あなた専用のゲームになるかもわからない、この作品をどうか遊んであげてください。

なんだかよくわからない説明になってしまいましたが、制作秘話の部分を少しお話しますと......
こうしてグダグダ団のお話を連載し続けてきたことで、グダグダ団を別の面からも知っていただける機会を作れないだろうかと、そんなことも考えていた時期でもありましたし......
また違った側面からいいますと......【1号がどこかへ行ってしまって戻ってくる】というお話の部分が......その時思いつかなかったので......作るのを......後回しに......しちゃったと言えばしちゃったような......しちゃってないと言えば、しちゃっていないことはないんじゃないかというような......恥ずかしながら......メディアミックスなんて、景気のいい言葉使っちゃいましたけど......
ですが結果的にいえば、ものすごく作るの大変でした。
思った以上に時間をかけて作ってしまいました。
普段から自由度の高いゲームが好きなので、どうしても奥行きよりも横幅を広げようとしてしまい、無駄なところばかりに時間がかかってしまうのです。
アイテムも、そんなに役立ちませんし、メッセージも何種類も作らなくて良かったかと思います......
余計なものを1つ付け足すと、そこを成立させるのに、その何倍も他をいじらなくちゃならなくなるのですよね......
と、物凄く制作面の話になってしまいました。

そんな秘話でしたが、作ったら作ったでもっと深く作ってみたくなったこともあり、第2弾もあって良いかなぁ、とニーズもないのに勝手に思っている次第です。
ということで、次回【団長の挑戦状】を乞うご期待。

2011年4月26日

YouTubeでの自主制作アニメーション

毎週更新を開始し1年が経ちました。
JAMKitchen YouTubeチャンネル

もともと定期更新のアニメーション作りをしてみたいと思ってはいましたが、いざやろうとしても正直作ることが出来ませんでした......たとえば、オープニングだけ作ったり...予告編だけ作ったり...と、その程度を作っては止まってしまう状況だったのです。

では、なぜ急に週一更新が可能になったのかと考えると、やはり協力者が現れたことでしょうか。
パワーのある方は、一人で勢いよく作ってしまうのでしょうが、私はへこたれ気味な性格のため【誰かと作り上げる計画】にしてしまうことで、途中でストップしにくくしてしまえたからだと思います。
そうして協力してくださっているのが、声優で活躍している【さこさこ】さんなわけですが、開始以前は制作サイドでシナリオや撮影などを一緒にやって、制作の尻叩き的な存在になってもらうのがベストだろうと考えていたものが、良い意味で予想を裏切り、声優をやってもらったところ抜群に心に響く声を出してくれたのです。
ただの協力者だけに留まらず、看板声優として押せる存在と出会えたことも、続けてこられた大きな要因になりました。

加えて【くまちゃんコーラ株式会社】のシナリオが開始以前から30本近く作られていたことも大きいです。
連載開始当初の不慣れで模索的な状況の中では、このシナリオの蓄えというのは物凄く大きな財産になり、短い期間で悩まずに次に取りかかれたことで、制作のワークフローを整えられた気がします。
今はシナリオのストックも無く、1週間で全てを作り上げる形になっていますが、最初からそれをやっていたのでは、きっと続かなかったでしょう。

こうした良いきっかけが重なったことで連載を開始継続出来たわけですが、この他にも何よりありがたい財産がありました。
それは、かなり以前に、たまたまアップしていた動画が想像以上のアクセス数になっており、そこをきっかけにチャンネルを見に来て下さる人達がいたことです。
連載をやっていく上での一番の活力が【見て下さる人がいる】ことですので、これが無かったら間違いなく続けられなかったでしょう......
新しい作品へも、嬉しいメッセージをいただくこともあり、ありがたいばかりです。
心の底から思います。
本当にありがとうございます。

この先のことを考えようと思っていましたが、色々と考えることが深刻なこの頃ですので、むしろ振り返ってばかりになってしまいました......
ですが、こういったことがあり、YouTubeでの連載が続けられたという一例として、どなたかの参考になれば幸いです。
あっ!加えて【本格アニメーションではない】というのも重要な要因です。
もしかすると、これが真の要因だったりしてしまいそうな......
アニメーションが無いぶんは、とりあえずストーリーらしきものがあることを大切に更新していきたいと思っています。

あとは、いつまで続けられるのか......見て下さる方と、後押ししてくれる人がいる限りはやっていきたいものです。
この先また1年を目標に......誰へと、どこへと向かってのアニメかは分かりませんが。

2011年4月20日

Macが頻繁にフリーズ

IMG_0305.jpg今更な話になりますが、Mac OS X v10.6.5を【ソフトウェアアップデート】で行ったところ、起動や作業中に、そこそこいい割合でフリーズするようになったのです。
そんな時には【Mac OS X v10.6.5 Update Combo】といったような【Combo】ファイルでアップデートすると不具合が解消されるという話の通り、やってみると私の場合は良い感じに直ってくれました。

それだけなら、Webに情報を残そうとは思わないのですが......
Mac OS X v10.6.6もソフトウェアアップデートで、いい割合でフリーズが発生。
これも【Mac OS X v10.6.6 Update Combo】で解消。

そして、Mac OS X v10.6.7のソフトウェアアップデートでは......
とくに問題なかったのですが、その後に事件が発生しました。
ここ最近、今までにないほどの割合でフリーズするようになったのです。
大げさに言えば10分に一度といったほどの印象でしょうか。
とにかく、それほど多くフリーズするようになったのです。

そこで、今までの経験からいえば、やはり【Mac OS X v10.6.7 Update Combo】にてアップデートなるのは当然の流れなのですが......今回、不具合が解決出来なかったので情報を残すことに。

何度ComboUpdateを行っても、恐ろしい割合のフリーズ。
もちろん【ディスクユーティリティ】でのチェックも問題無く、PRAMクリアなんかもやってみました。
それら全てが解決へと繋がりません。
心臓がバクバクしながら固まりました。

そこで、ふと、今の今まで【クラッシュレポート】を見ていないことを思い出したのです。
そのレポートというのは、強引に電源を落とした後に起動するとAppleへとレポートを送信するか訊ねてくる、例の【あれ】です。
素人ですので、そういったものを見ずに、よくある方法を試すだけになってしまいましたが、今回のフリーズ事件で【見なきゃ駄目だ】と本当に思いました。
実際見てみると、クラッシュする直前に処理していたと思われるファイル名が、ちゃんと書かれているのですよね。
毎回毎回そうとは限らないかも分かりませんが、今回は、そのファイルを取り除くことでフリーズしなくなったのですから、最初からレポートを読んでいれば、何度もフリーズするという危険は避けられたはずなのです。
ちなみに、今回の原因は以下です。
/System/Library/Extensions/
フォルダ内の
【ElmediaPlayer.kext】

これです。
こんな1アプリケーションの補足ファイルみたいなものが原因??と未だに信じられませんが、やっぱりこれなのですよ。
だからと言って、原因の特定のために、もう一度ファイルを戻す気にはなれませんし、実際取り除いてしまってからというもの、全くフリーズはしなくなりました。

どうでしょうか。
一例として残しておきたいと思います。

2011年4月 2日

その後の取り組みを考える

毎週アニメーションを作って公開する、という取り組みを始めて約1年。
「毎週と言っても時々休むことになるだろうな」という気持ちでやっていたことが、まさか休まずに続けてこられるとは思ってもいませんでした。
こうして続けてこられたのは、一緒に制作を進められる仲間の存在ももちろんですが、やはり【ご覧になってくださる方がいる】ことが前提にないと、ここまで続けては来られません。
おかげさまで、誰に強制されるでもないのに徹夜してでも公開していく気持ちになれました。

ですが、こうして続けてきたことが、自分たちの想像もしないところでお休みすることになったわけです。
今回の震災では、この先何年続くか想像も付かないほど大きな被害をもたらしました。
直接大きな被害を受けた方はもちろん、日本中、世界中の人達の心にも大きな影を落としていると思います。
私も気持ちが沈んだ一人ですが、私には幸い大した被害もないのに、無駄に落ち込んでいるのならば、心配だけして何もしないのならば、理由はどうでもよいのでリアルに寄付をしていかなければならないと思いました。
そうしたなかで、この先の連載についても未だに悩んではいるのですが、「ふと、こうしたことについて目を向けるきっかけ」だけでも作れないだろうかと、1週休んだのみで連載を再開してみたのです。

続けた結果、ありがたいことに見て下さっている方がいます。
まず、この、ありがたいことを大切にしたいです。
と、そうこう考えているうちに、こうしてこれを続けているゆとりがあるうちは、自分は生きているし、幸せだし、それを社会に還元していく気持ちでいられる、と自分の中で一応の納得も浮かんできました。
ただ、後ろ向きな人生を長年歩んできたので、明日はもう気持ちが後ろ向きかもわかりませんが。

「やっていこう」と声優としてご協力いただいている、さこさこさんとも相談したのでグダグダ団も再開します。
元気になる【団長の着ボイス】の無料ダウンロード企画も進めようと思います。
「ば、ばかな」を使おうと思います。

そして、youtubeに書きましたが、2011/04/01時点での「ひよ編2011」の閲覧数に応じて寄付をするとした結果、9064回の閲覧数に達していたので、下記URLより寄付を行いました。
http://goo.gl/saigai
jredcross.jpg今後も個人的に寄付を続けていきます。
とにかく前向きな気持ちを忘れず、悩む気持ちとも向き合っていきたいです。
どうか温かく優しい気持ちで見守って下さると嬉しいです。

いやらしい話、グダグダ団がヒットすれば寄付も多額に出来ますし、団長からのメッセージで元気になる人も出てくるかもしれませんしね。
はい...不謹慎でした。
ただ、少しだけ前向きになれたので不謹慎なグダグダ団でも再開する気力が出てきたのかも分かりません。

そして、まだ未公開の絵本作品があり、それらもアニメーションとして、どこかで公開していくことが出来ればと、以前から思っていました。
不謹慎なグダグダ団と公開がゴチャゴチャになってしまい申し訳ございませんが、どれもがJAMKitchenとしての大切な作品ではありますので、全体的に優しい気持ちで見守ってくださると本当にありがたいです。

長くなりましたが、今後も定期的に続けていく気持ちが固まったことのご報告となります。
どうか今後ともよろしくお願いいたします。

©Toshiyuki Matsui