« 2009年9月 | メイン | 2009年12月 »

2009年10月14日

UbuntuのUSBインストールで痛恨ミス

人間不思議なもので「気をつけなきゃ!!」と思っているミスほど、むしろ進んで踏んでしまうことがあるものです。
温厚な私も、今回ばかりは自分のアホさ加減にさすがに腹が立ちました。

既にタイトルで結果が分かっている方もいらっしゃるかと思いますが...インストールミスすることで、最悪Windowsが起動しなくなるという現象が起こるのです。
UbuntuをUSBにインストール際には、くれぐれもお気をつけ下さい。
(ここで書かなくても、そんなことは初めから書いてありますが)

Ubuntuを知らない方はこちらをどうぞ。
Ubuntu Japanese Team

そもそも私が何をしたかったのかと言うと、OSをUSBストレージにインストールし、そのUSBストレージからパソコンを起動することで、どんなパソコンでもMyパソコン化してしまおうというものです。

実際、ド素人の私でも非常に簡単にインストールが出来、USBストレージからの起動時間も待てないほど長くはかからないため、MyOSとして持ち歩く楽しさを感じることができました。
ただし、USBから起動するには各PCのBIAS設定を変更する必要があるため、各PCのBIAS設定画面を呼び出すキー探しだけで疲れてしまいます。
ですが、起動出来るとちょっと嬉しく感じるのでチャレンジするのも面白いのではないでしょうか。
UbuntuをUSBストレージにインストールするには

さて、私がなにをミスしたかを書くと......
上記、インストール方法のページ、【赤字で大きく「ここをクリック」】と書いてありますが、私は【そこをクリックしませんでした。】

何故でしょうね。
【拡張をクリック】だと5回くらい目を通したはずですよ。
もう、Supernatural的な何かが、私の体を乗っ取ったとしか考えられません。

結局、私は注意書きを無視した結果となり、ブートローダの書き込みをUSBに設定せず、もともとインストールされていたWindowsのHDに書き込んでしまったわけです。
みごとに、USBストレージを差さなければWindowsが起動できない状態になりました。

そこで解決方はつづきへ

HDのバックアップもしていなかったので(まさに正当な駄目状態です)直すには、どうしたら良いのかGoogleさんと協議した結果...

OSがVistaの場合以下を参考
Windows 回復環境で Bootrec.exe ツールを使用して Windows Vista でのスタートアップの問題をトラブルシューティングして修復する方法

そしてコマンドラインにて以下命令を。
bootrec /FixMbr

これでUSBストレージ無しでもWindowsを無事起動することが出来るようになりました。

2009年10月13日

PhotoshopでGIFアニメ制作時のバグ?

これで、かなりの時間を費やしたので残しておきます。
もちろん今回の事件も私だけのことかもわかりませんが。

そもそもGIFアニメの制作を以前よく行っていたのがPhotoshopにImage Readyが付属していた時だったため、CS4になってからは、いったいどうやって作るのだろう?というところから勉強することになったのです。
分かってみるとシンプルで使いやすかったため「よし!Photoshopで制作を行おう!」とワークフローの中心に置いたのですが......そこで今回のトラブルになりました。

☆以下使用環境です
Mac OS X 10.5.8
Photoshop CS4
Illustrator CS4

作成したGIFアニメをブラウザで見た場合は全く問題無いのですが......マチキャラとしてプログラム中に組み込んだ場合には【なぜか画像が崩れている】のです。
しかも、実機でのテストでしか崩れていることを発見できません。
PCでのテストでは問題ないのに、実機でのテストでは何度やってもGIFアニメが正常に動かないという、いやらしい不具合なため、GIFアニメに不具合があるなどとは全く考えませんでした。
もう今では何故【GIFアニメが怪しい!】と思ったのかも思い出せません...

さて、正直根本的な解決方補ではありませんが...試行錯誤の解決法はつづきへ

崩れる際のパターンを考えると、GIFアニメのコマ数が多いときに起こりやすいようで、とにかく見逃すことの出来ないほどの崩れようです。
崩れるコマは、何度書き出してもほぼ確実に崩れたままなため(0から作り直すと大丈夫な時もありました)結局仕上げはPhotoshopを頼らないことにしてしまったのです...

☆作戦その1
GraphicConverter】で保存のし直し。
Photoshopで作成したGifアニメをGraphicConverterで開き、ただ上書き保存するだけで無事綺麗なGIFアニメに復活しました!!......と書きたかったのですが、それでも崩れたコマが出てしまったので、「何故だ!」とよく見るとGraphicConverterで開いた時点で、既に崩れているコマがあることが発覚しました。
(やはりPhotoshopのバグ?それとも仕様が違うとか?)
そこで...

☆作戦その2
Google博士に色々聞いてみるとGIFQuickMakerなるものがあると言うではないですか。
そこでPhotoshopで作成したGIFアニメをGIFQuickMakerで開いてみると、全てのコマが正常に読み込めました!
ただし、そのまま書き出すと透過Gifになっていないため、1コマ1コマ【透過設定】を行ってから書き出します。
あまり詳しくこのツールを勉強していないため、ホントはもっと便利に使えるのかもしれません。
さらにこの文章を書いた時点で、バージョンアップ(1.2.0)していることに気づきました。Snow Leopard対応とのことです。
(こういうものを制作するってホントに凄いですね)

以上のような方法で、なんとか正常動作のGIFアニメが完成するのですが...正直無駄手間です。
作業が倍に膨れあがった気持ちになってしまいます。
こういった経緯を考えると【Photoshopから書き出すGIFアニメの透過情報にバグがある】ように感じますが、どうなのでしょうか。
Fireworksで試してみようと思っても、作成方法を完全に忘れてしまったので億劫ですし。
引き続き研究しようと思っています。

©Toshiyuki Matsui